【東北地方太平洋沖地震】ふるさと納税(宮城への寄附)をしてみました

Mar 17, 2011   #great-east-japan-earthquake 

私が利用しました「宮城:ふるさと納税」の担当の方とのやり取りです。

宮城:ふるさと納税

313(日)12時

メールに寄附申込書を添付し申込みました。

313(日)14時

日曜にも関わらず担当の方がいたようで、メールで連絡がありました。

添付の申込書の2希望する納付方法が記入されてないから、記入お願いしますと言われ直しました。

2 希望する納付方法(下記のいずれかを選択願います。)

  □ 金融機関の窓口(ATM)から宮城県の専用口座に振込

  □ 県からお送りする納付書により所定の金融機関から納付

  □ クレジットカードで支払

を最初は四角を塗りつぶしで編集すればいいのかなと思い、

2 希望する納付方法(下記のいずれかを選択願います。)

  □ 金融機関の窓口(ATM)から宮城県の専用口座に振込

  □ 県からお送りする納付書により所定の金融機関から納付

  ■ クレジットカードで支払

としたのがダメだったらしく、

2 希望する納付方法(下記のいずれかを選択願います。)

  □ クレジットカードで支払

と他をまるごと削除して再送したら大丈夫でした。

316(水)17時

メールにて連絡がありました。

クレジットカードによる納付でYahoo!公金支払いの「ふるさとに寄付しよう!」ページより送金しました。

メールに書かれていた支払番号と確認番号を入力しただけで簡単な手続きでした!

どうやら名前、払込金額等を都道府県・市区町村側でシステム登録し、支払番号と確認番号を発行するもののようです。

岩手県のは、このシステムが故障したんだなぁと思いました。

参照:【東日本大震災】ふるさと岩手応援寄付してみました

また、宮城:ふるさと納税のページを見直してみたら、新たに?義援金という寄附が出来ていて、宮城:ふるさと納税の上に、

東北地方太平洋沖地震の義援金に関する受付窓口を設置しました。手続きについてはこちらをご覧下さい。

から、義援金の受付がありました。

ふるさと納税との違いは、

寄附金(ふるさと納税) ・・・・・ 県内の災害復旧及び復興事業の財源として

義援金 ・・・・・ 被災者に対する生活支援として

となっていました。

どちらかというと、今は義援金としての寄附がいいのかなと思いました。